建設業許可申請代行アシスト福岡 / 返金保証つき、89,800円~

ベストパートナーズ福岡行政書士事務所運営建設業許可申請代行アシスト福岡

【事務所所在地】 福岡市中央区舞鶴2-3-20 コンドミニアム舞鶴801号

092-725-3126

電話受付時間 : (年中無休)8:00~21:00

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

新規申請手数料のご案内 89,800円~

建設業許可 新規申請の場合の料金

ここをタップして表を表示Close
項目 手数料(税抜) 証紙代 合計
知事許可(一般/特定) 89,800円
90,000円 179,800円
大臣許可(一般/特定) 170,000円 150,000円 320,000円

①手数料は案件の難易度により変動する場合があります。
 その際は、事前にお見積りを提示いたします。
②弊所で申請に必要な公的証明書を取得する場合は、実費のみを、別途にいただいております。

建設業許可や建設業会社設立のお客様

株式会社ICSエンジニアリング様 (福岡市西区)


・建築工事業
・屋根工事業
・鋼構造物工事業
・大工工事業
・タイル、れんが、ブロック工事業
・内装仕上工事業

株式会社吉田設備様 (福岡市早良区)


・管工事業      ・衛生設備工事
・冷暖房設備工事   ・浄化槽工事
・冷凍冷蔵設備工事  ・水洗便所工事
・空気調和設備工事  ・ガス配管工事
・給排水、給湯設備工事 ・ダクト工事
・厨房設備工事    ・管内更正工事

株式会社エーテック様 (福岡市東区)


・電気工事業
・大工工事業
・造作工事
・送配電線工事
・引込線工事
・建設工事

株式会社エヌエー様 (福岡市博多区)


・建築工事 ・左官工事
・土木工事 ・建具工事
・解体工事 ・板金工事
・舗装工事 ・防水工事
・鉄筋工事 ・石工事、ガラス工事
・塗装工事 ・とび、土工、コンクリート工事

株式会社誠大郎様 (福岡市南区)


・管工事業
・冷暖房設備工事
・空気調和設備工事
・給排水、給湯工事
・ダクト工事
・管内更正工事

株式会社晴伝社様 (福岡市博多区)


・電気工事
・電気通信工事
・土木工事
・建築工事

株式会社ダイトー様 (福岡市中央区)


・建築工事業
・内装仕上工事業
・管工事業
・冷暖房設備工事業



福岡県内からご相談/ご依頼いただきましたケース

 地域   業種   地域   業種 
 福岡市   電気通信工事   筑紫野市   建築工事 
 福岡市   造園工事   大牟田市   防水工事・塗装工事 
 みやま市   建具工事   八女郡広川町   土木工事 
 福岡市   管工事   古賀市   建築工事 
 飯塚市   内装仕上工事   糸島市   大工工事 
 福岡市   機械器具設置工事   北九州市   大工工事 
 福岡市   消防施設工事   筑後市   建具工事 
 柳川市   とび・土工・コンクリート   みやま市   大工工事 
 久留米市   建具工事   粕屋町   熱絶縁工事 
 八女市   左官工事   大牟田市   電気工事 

ご依頼いただく3つのメリット

(1)89,800円~で申請代行します。

建設業許可申請(知事 一般/特定)の手数料は、
89,800円~です。
ご負担を少しでも減らし、本業に専念して頂けるよう、サポートいたします。

また申請が「不許可」になった場合、
いただきました手数料の全額をお返しいたします
金銭的なリスクはありませんので、ご安心下さい。
(虚偽申告や取り下げの場合などを除きます)。

(2)面倒な書類作成や手続きもおまかせください。

申請書類作成は数十枚にもなり、相当な日数がかかります。

また許可取得後も、許可を維持するための管理も必要ですし、更新手続きもあります。

安心して本業に専念なさるためにもぜひご相談ください。
ご相談は最短で即日に対応いたします。

(3)法人化、税務、社会保険、融資にも対応します

個人事業からの法人成り・銀行や日本政策金融公庫の資金調達にも対応します。

また税務や社会保険等の手続きを正確にする必要がありますので、ご希望なさる方には税理士や社会保険労務士等の専門家を無料でご紹介いたします。

更新・決算変更届・業種追加の費用

建設業許可 5年ごとの更新についての料金

ここをタップして表を表示Close
項目 手数料 証紙代 合計
知事許可(一般/特定) 54,000円 50,000円 104,000円
大臣許可(一般/特定) 64,800円 50,000円 114,800円

建設業許可 各種変更についての料金

ここをタップして表を表示Close
項目 手数料 証紙代 合計
決算変更届 32,400円 32,400円
業種追加(知事) 54,000円 50,000円 104,000円
業種追加(大臣) 74,800円 50,000円 124,800円
「知事許可」と「大臣許可」の違いについて
建設業許可には「知事許可」と「大臣許可」がありますが、これは「建設業を営む営業所が、いくつの都道府県にあるか?」で取得すべきものが違ってきます。

営業所が1つの都道府県にしかない場合には、知事許可を取得することになります。
(例えば、福岡県内に2箇所以上の営業所があっても、知事許可になります。)

営業所が2つ以上の都道府県にある場合には、大臣許可を取得することになります。
(例えば、福岡県と佐賀県に1つずつ営業所がある場合には、大臣許可になります。)

※「大臣許可」が「知事許可」よりも上級のもの、というわけではなく、営業所が存在する都道府県の数によって違いがある、ということです。

建設業許可を取得するメリット

受注高や信頼性の向上

建設業許可を取得すれば500万円以上の工事の受注ができます
受注単価が上がることで、御社の売上アップにもつながります。

また、最近、多くの発注業者はコンプライアンスの観点から、
工事金額に関係なく、許可業者に仕事を発注する傾向がありますので、
許可業者の優位性は強まっています。

発注業者やお客様からの社会的信用も高まり、受注の増加や公共工事受注への道も開けます。

しかし、建設業許可は、取得が難しいと言われています…

取得することで、大きなメリットを得られる「建設業許可」ですが、実は取得が難しいことでも有名です。

条件に合うかどうか?を厳しくてチェックされますし、何十枚もの書類を不備なく用意しなければいけないのです。
本業がお忙しく、こういった書類をご自身で用意するのは、非常に大変なことかと思います。

そのため、「面倒な手続きは任せたい!」なら、ぜひ弊所にご相談下さい。

サービスの流れ

①お問い合わせ まずはお電話かメールにてお問い合わせください。
②無料相談 無料にてご相談と要件審査をいたします。
③ご契約 要件を満たし、お客様もご納得いただきましたら、ご契約となります。
④各種書類の準備 建設業許可申請に必要な書類を集めます。
⑤申請書類の作成 書類をお預かりし、弊所にて申請書類を作成します。
⑥お客様のご確認 申請書類の内容をご確認いただきます。
内容に不備等がなければ、この時に手数料と実費をお預かりいたします。
⑦申請の受理と審査期間 申請が受理されたあと、審査期間を経て許可通知書が発行されます。
許可通知書は、弊所にて受領し、お客様にお届けいたします。

建設業許可取得をお考えの方へ

代表の東原 正宗(ひがしはら まさむね)です。

弊所にご相談いただくことで、自分でやると相当日数かかる建設業許可取得のわずらわしさから解放され、本業により集中していただくことができます
また、許可取得時をはじめ、その後の手続きなども、ご相談いただくことが可能です。

できるだけ安く許可を取りたい
面倒な手続きはしたくない
許可を維持し、事業も成長させたい
法人化・税務・社会保険・融資などもサポートしてほしい

一つでも当てはまるのであれば、まずはお気軽にご相談ください。

無料相談受付中!
092-725-3126
お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:8:00~21:00(土日・祝日でもお問い合わせください)】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top